HOME>トピックス>作品の力をあげるという事は、長い目で見ると総合的な人間性や人柄を磨くことにつながってくる可能性が高い

人間は多彩な感覚で総合的に料理を味わう

すばらしいパティシエになるためには、お菓子の作り方がうまいだけではなく、人間として総合的に魅力をあげないといけない可能性も否定できません。専門学校等で、お菓子つくりの基本を学ぶことはとても大切ですが、良いパティシエの専門学校に通うと、技術的な面のみならず、精神的な面での成長も期待できます。お菓子を作成するために、芸術的なセンスやアイデアも必須となる理由としては、料理は味だけではなく、味覚や嗅覚で味わうものという研究結果も多いからです。

新しい情報を手に入れる事はとても大切

また、色や形が食欲に影響するという事も、最近研究されていて、脳の研究や心理学的な面からもとても注目されています。例えば青色は食欲を抑え、赤は増進する傾向がある、等があげられますが、パティシエの専門学校に通っていれば、最新のデータが手に入る可能性も高くなります。

先輩のアドバイスはとても大切で勉強になる

また、ケーキの造形などは、彫刻から学ぶことも多いですし、細かな手作業も必須になってきますから、常日頃から体力や健康状態も整えておく必要があります。健康管理の手法等も、パティシエの専門学校に通うと丁寧に伝授してもらえる可能性もあり、一石二鳥です。

自己流も良いがスクールで学べると近道

パティシエの専門学校の場合は、伝統的な手法も大量に学べますから、自己流で学ぶよりも、結局は近道になる可能性もあります。やはり、長年の経験を積んだ職人の実際の手法を見たり、話を直接聞いたりすることができるという環境は素晴らしいです。