HOME>オススメ情報>将来料理人になりたい場合は学校の選び方と費用を知ろう

何を学ぶことができるかで選ぶ

コック

高校には様々な専門分野を学べるところがありますが、最近は特に専門分野が多様化しています。その中でひそかに注目されている分野は調理に関するものです。従来調理に関する勉強は専門学校に行かなければなかなか学ぶことができませんでした。しかし最近は、価値観が多様化したことにより高校生ぐらいから既に調理の勉強を始めたいと真剣に考える学生が増えてきました。そこで私立高校を中心として調理師の免許取得できる学校などが増えてきた流れです。学校選びをする場合には、何を学ぶことができるかで考えましょう。自分が将来なりたいものが明確であるならば、そのために高校で必要なことを学ぶことができるかを考えてみることです。

入学金や授業料

費用に関しては、高校によっても随分異なりますが、基本的に入学する場合には入学金とその年の授業料が必要になります。合計で100万円を超えるようなところもありますので、補助金を利用することが可能かどうかも視野に入れておきたいところです。2年目以降は入学金はなく1年間の授業料だけになります。普通科に比べると調理実習が多いため、その分だけ費用がかかりやすいと考えておいた方がよいです。ただ、医学系の学校に比べると費用が極端に高くなることはありません。

専門科目によっても変わってくる

高校で調理の勉強する場合には、専門科目をより深く学ぶことができます。例えば和風料理というジャンルの中でも、京料理を専門的に学ぶことが可能ですが、この時どれぐらいの費用がかかるでしょうか。京料理の場合には、他と比べて特別に費用がかかる訳ではありませんが、家庭で作る料理を学ぶよりもより多くのお金がかかる傾向にあります。やはり、特殊な分野になりますのでその分だけ費用が高くなると考えておけばよいでしょう。